ポチョムキン⇔漫画製造機//漫画、映画、美術展鑑賞の感想をのせています。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/06/20 (Mon) 持ち込み~総括~

今回持ち込みに行って感じたことがいくつかあります。

一番思うのは、行ってみて良かったということ。

漫画の形にすらなっていない、ただの紙切れを最後まで読んで下さり、
尚且つこうしたほうが良いと具体的なアドバイスを伺えたのは大きな収穫でした。

当たり前のことですが、友人に見せた時とはまた違った視点からの
アドバイスでかなり実践的な助言をいただけました。

というより、こんな紙くずのために時間を割いていただいたことが
何より申し訳なく思う…そんな持ち込みでした。

ああもの凄く失礼なことをしたんだなぁと。

自分にとっては利あるものでしたが、編集者の方々にすると
ただの時間の無駄だったろうな…とも思います。

出来ることなら見ていただいた分の時間を巻き戻して
お返ししたいくらいです。無理ですけど。

それくらい見るも無残な漫画だったのですよ…!

私の場合ですが、編集者の方々に見ていただいたことで
自分の漫画のレベル と こなすべき課題が見えてきました。

あと、様々なところに行くほうが絶対に勉強になると思います。

雑誌の色はもちろんですが、
編集者の方一人ひとりによって見る部分、
興味を持たれる部分が大きく異なる印象でした。


なので雑誌に持ち込む…というよりは
自分が一緒に描いていきたいと思える編集者の方を探すか、
そう思ってもらえる方を数を当たって見つける心構えでいたほうがいいようです。

一日持ち込みしただけの人間が偉そうに書いていいことでは
ないのですが、やってみて感じたことはこんな具合です!

家路に着いてから、恥ずかしさでどうにかなりそうでしたが、
自分の中で一区切りついたのでこの持ち込みを期に漫画との向き合い方を
見直してみたいと思います。


最後に…

これから持ち込みに行かれる予定の方々、
緊張しますよね…質問をたくさん用意して
ガンガン食いつくとやる気を評価していただけるかもしれません。

頑張ってください!大丈夫です!私よりは酷くないと思いますよ!

持ち込みを迷っている方々、
迷っている時間があるなら行くほうを選びましょう。
交通費以上の価値が持込みにはあります。

私も一歩一歩ではありますが、できることを
確実に増やして将来に繋げていきます。

お互いがんばりましょう。

チャレンジせずして生きるのは損です。うん。

スポンサーサイト

持ち込み | trackback(0) | comment(0) |


2011/06/19 (Sun) 持ち込み~B社~

さて…

だいぶ更新が遅れましたがB社の持ち込みの様子を書いていきます。

こちらも少年誌。
ただA社とは対照的で物凄ーーーく優しかったです!

右も左もわからない小学生に一から漫画の基礎や
コツを教えてくれるような優しさ。

私の勝手な印象ですがこちらの編集部は比較的暇そうな雰囲気でした。
きっとA社が忙しすぎなんですね…うん。

時間10分前くらいに着き受付を済ませた後
予定通りの時間に見ていただきました。

あろうことか最初に名刺をいただき、
飲み物も提供してくださいました。

原稿を読む前に机や手のゴミを落としてから
目を通して下さりそれだけで感動しそうでした。

そして総評。

こちらでは
キャラの多さと弱さ、印象に残る部分
後は漫画家を目指すに当たっての心構えや秘訣を教えていただきました。


こと細かにご指摘いただけるのでA社で聞きそびれたことを
思い切って質問してみたり、有名作品の売れた理由など
いろいろ興味深いお話も伺えました。

ただ驚いたことに指摘された部分が
ほぼA社と同じでした。

ここのエピソードは削らずに盛り込んだほうが良かったとか
ここの描写はいらないとか本当にピンポイントに同様のアドバイスをいただけたのです。

プロの読みどころというか
目を配る部分は確実にあるようです。

まあ当たり前ですよね…


そして人に見せたときに必ず耳を傾けるべき部分を
2つ教えて頂きました。

①みんなが褒めてくれるところと
②自分の欠点

この2つは人様の意見として受け止めておくと良いそうです。

目から鱗だったのが
欠点は必ずしも直せば良いとは限らないということ。

良さを削ってしまうこともあるらしく
そこが微妙なんだよね。と。

他にも昔は○○編集部に居てこちらに異動してきたとか、
漫画は描いた量に比例してうまくなるものだとか

世間話に近い話しやすい雰囲気で様々なお話を伺い
1時間近く見ていただいたのち、編集部を後にしました。

A社が言葉がストレートな分
B社は優しく噛み砕いて教えてくださった印象。

また何か聞きたいことがあったら遠慮なく聞いてくださいね。
との言葉も頂き、至れり尽くせりの1時間。

こんなに長居したことに気づかないくらいあっという間で。

何だかんだで1日に2社行って正解だったなと感じました。

どちらが良いとかではなくどちらも違うが故にためになりました!

まだ言われたことにうまく整理がつかないので
しばらくはA社、B社共にアドバイス頂いたことを
自分なりに受け止め、次にどう繋げるかをじっくり検討してみます。

ひとまず見て下さった編集者の方、ここまでお読み下さった皆様…
ありがとうございました!

思い切って行ってよかったです。

持ち込み | trackback(0) | comment(0) |


2011/06/14 (Tue) 持ち込み~A社~

先日一日で二社、
少年誌の編集部に漫画の持ち込みに行ってきました。

拙い文ではありますが感想を書きたいと思います。
長文で妙なテンションになっております。ご了承の上お願いいたします。



まずは一社目。ここではA社とします。

最初に訪れたこちらでは電話で受けた印象のとおり、
担当の方はかなりお忙しい様子で30分ほど遅れて来られました。

早速見ていただいて開口一番

「ボロボロだね」

ひゃー。

いきなりです。鼻水出そうになりました。

原稿もボロボロでしたし、内容に関しても同様。

もうあれですよねきっと、
編集者の方にとってコレは漫画じゃなくてただの紙くずなんだな。

そう思いました。

とにかくバラバラでまとまりがない。
するっと読めるかが漫画では大事。
そしてもっと客観性を養う必要があるとのことでした。


絵も話も相当頑張らないと厳しいですと。

批評は自分の漫画に関することで、他の方に当てはまるとは限らないので
他は割愛させていただきます。

絵柄やギャグ等他は一切触れられなかったので
魅力がないのはもちろんのこと、

興味の持てないどうしようもない部分だったのだと思います。

いや、思い切って質問してみれば良かったのかな…
そこまでの勇気はまだありませんでした。

辛うじて食いついてもらえたのは題材ぐらいで…(笑)
それも微妙な感じは否めません。

褒められるところなんてもってのほか。

あまりにもバッサバサ切るのでその潔さに逆にすっきりしました。

時間が惜しいようで早く戻りたそうなご様子でしたが、
恐縮ながらもいくつか質問をさせていただき30分ほどで終了しました。

見てくださった編集者の方にとっては
時間の無駄の何ものでもないと思います。


直接言いそびれてしまったのでこちらで言わせてください。

貴重なお時間を30分も奪ってしまい、
本っっっ当に申し訳ありませんでした!!!はは!


A社はそれに尽きます。


そして、お話を伺って個人的に感じたことを。

こちらの雑誌が重視しているのは、若さと持ち味。

どちらも備わっている人が
まず志望者の対象になりうるようです。

そしてガッツがあるかどうか!

自ら積極的に動き、ガンガン数をこなし、
批評でへこたれない屈強な精神を持った方のみが生き残れる世界。


あとは使えるかどうか。役に立つかどうか。

ええ。見事に自分には当てはまらないですね。

ここまで読んでピンと来られた方…。
そうです。あの少年誌です!(どーん)

どんな紙くずでも批評はしていただけます。
ただ言葉が直球というか…相当覚悟をしておいたほうが身のためかと…。

言葉は直球ですが漫画に関してのみで
他のこと(年齢だったり漫画と関係ない部分)においては
YESともNOとも受け取れるアドバイスでした。

目指せばいいんじゃない?とも諦めたほうがいいよ。とも聞こえます

描き手次第ということでしょうか。どう聞こえるかも人それぞれでしょうね。

あと、絶対にこれを描きたい!という題材があると好感触かもしれません。

今回こちらで言われたことを真摯に受け止め、
まずは漫画の形にすることと、改善点を踏まえて持ち込んだものを描き直してみます。

直したものと見比べることで見えてくるものも多いと思うのです。

いまは気づけることが大事。
人様の言葉に耳を傾けられずして客観性は養われませんものね。

あと多くの人に読んでもらい感想を聞く。これらが当面の目標です。

新しいものや他の題材になんて手を出していいレベルでは
ないということです。むしろ漫画を描くこと自体が場違い(笑)

つまりはうんこレベルということです。

もうペン折れよ。と。折りませんがねっ!

自分の持ち味…はまだまだ先の段階なので順番に。
コツコツ行なっていきたいと思います。

こちらでの感想はこんな感じです!

ひとまず読んで批評をしてくださった編集者の方、
そしてここまでの長文をお読み下さった皆様にお礼を申し上げます。

こんなことに時間を割いてくださり
本当に本当にありがとうございます。
もうそれだけで救われます。



さて、

次はB社の感想を書きます。
A社が鬼とすると、B社は仏のようなところでした。

対照的なところがまた面白かったです。

持ち込み | trackback(0) | comment(0) |


2011/06/07 (Tue) 持ち込み~予約~

漫画の持ち込みに至るまでを説明していきます。

何しろ初めてのことなのでわかりにくい点が多いかと思いますが
ご了承ください…

これから持ち込みに行かれる方々の参考にでもなれば幸いです。




今回持ち込みをさせて頂くのは2社。
どちらも少年誌です。

名前は伏せさせて頂き、A社・B社とします。

2社行く理由は、一人でも多くのプロの方に見て頂く為。

経験者の方の持ち込みレポを拝見すると何ヶ所かいくことで
向き不向きや雑誌との相性がわかるとのことでした。

何事も経験だと思い、漫画の内容に合った2社を選びました。
1日で回ってきます。


さて、電話です。

まずはB社。

いきなり編集部ではなく、受付を通してから各部署へ連絡を通す感じでした。

編集者の方に予約の旨をお伝えして、
持ち込み経歴日にち時間の確認をして完了。

最後に
「何か伺いたいことなどありましたら、どうぞ遠慮なくご連絡ください。」
(うろ覚えですが、確かこんな感じでした。)

とその言葉にホッとし、無事終了しました。


そしてA社。

こちらはお忙しいためか、簡潔にものの数十秒で予約を完了しました。
内容としてはA社と同じく、持ち込み経歴日にち時間の確認です。

よかった…。

ですが、ここで問題が…

持ち込み予約の時間… A社14:00、B社13:00。

1時間しか余裕がないっっっ!

予約することで頭がいっぱいで凡ミスを犯しました。
なんてバカなんだろう…。ほんとクソ。

こちらから時間を指定させて頂いておいて変更とか
もう恥をしのんで、急いで掛けなおしました。

恐れ多くも遠慮なく~と言って下さったB社の方に。

受付嬢の方に諸事情を説明し、担当の方に繋いでいただくことに。

謝罪し、予約を1時間後の15:00にとのお願いをしました。

すると、大丈夫ですよー。と了承して頂けました。

よかった…怒られるかと思ったけど何事もなく
むしろ何事もなく済んだことが嵐の前の静けさ的な怖さに思えるのですが…

よかったです。

あー思い出すだけでも胃がキリキリします。


これから1日で複数持ち込みに行かれる方々…

予約の間隔には十分ご注意下さい!

最低でも2時間見積もっておくと安心です。

テンパってるととんでもないことが起こります。
どうか二度とこんなミスを犯す馬鹿が現れませんように…。

そして、社会人としてのマナーはきっちり抑えていたほうが
丁寧に対応していただけるかと思います。

私が言えた義理ではありませんがね…!

次からはこのようなことの無いように、
も少しリラックスして掛けられるようがんばります。

持ち込み | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

ファーファ

Author:ファーファ
20代少年漫画家志望。

制作日記や持ち込みレポ
映画感想など綴ってます。
バドミントン好き。

ブログ内のすべての
記事・イラストの無断転載や
転写はご遠慮ください。

1作目 落選
2作目 持ち込み惨敗 賞出さず
3作目 製作中 ←いまここ
4作目 ?
5作目 ?

参加ランキング↓↓

ランキングに参加しています。
一押ししていただけると
大変励みになります^^
更新率も上がるかも…

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家志望へ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

pixiv

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。