ポチョムキン⇔漫画製造機//漫画、映画、美術展鑑賞の感想をのせています。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/12/30 (Fri) 映画感想3本

ゴッドファーザー
34丁目の奇跡チャイナタウン



何度目になるかわかりませんが、最近見た映画感想を。

見たのは以下の3本。

『ゴッドファーザー』(PARTⅠ)
『34丁目の奇跡』(1994)
『チャイナタウン』


今回見た3本は主人公のキャラクターがどれも起っていて
ひじょーーーに参考になりました。


どのキャラも魅力的なので感想にも力が入ります。



『ゴッドファーザー』

言わずと知れたマフィア映画の最高傑作。
見よう見ようと思いながら見れずにいたので今回視聴することに。

あらすじは、イタリアで名の知れたコルレオーネ家に生まれ育ったものの
家業に乗り気でなかったマイケル。
そんな彼が、父であるドン・コルレオーネをはじめファミリーの危機により
マフィアの道を選び進んでいくというもの。


アカデミー賞ほか多数の賞を受賞している作品。
銃撃戦が多くいかにもマフィア映画といった印象。

偶然にも主演は以前視聴した「セルピコ」のアル・パチーノ。
前回は警察今回はマフィアと立場が間逆ですが、
白と黒とで揺れ動く感情を表現することに長けている俳優だなぁと改めて感じました。


言葉が変ですが、すごく人間っぽい仕草や表情の演技が自然に出来る方。

ドン・コルレオーネのようなオーラのありすぎる人よりも、
彼のような人間味のある人が主人公のほうがこちらも感情移入しやすい。
そしてまたそんな演技がよく似合う!
苦労されている方と知り、なお気持ちを乗せて見てしまいます。

特にクライマックスは圧巻!
激しい銃撃戦が行われる一方で、マイケルは静かな教会で妹の子の名付け親
文字どおりゴッドファーザーとなるわけです。
その場面がもう…凄い!!
バックで流れるミサ音楽の調べが作品の雰囲気をよりいっそう際立たせています。

この映画を象徴するシーン。
映像、音楽、演出すべてが完璧でめまいがしました。

あの場面のためのストーリーなのかと考えると、
描きたいシーンを決めておいて描くと印象に残りやすくなるのかなーなどと
そんな考えも浮かびました。

何にせよ生きている内にこれだけは見ておけと言われたら、
思わずあげざるを得ない1本。

名作です。


『34丁目の奇跡』(1994)

有名なクリスマス映画。そのリメイク版。

舞台はニューヨークマンハッタン34丁目に実在するメイシーズの旗艦店。
自称サンタクロースのクロスがひょんなことからサンタの格好で
店のイベントPRを行うことに。
その実力から店の方針を大胆に変えてしまうほどの人気となるが、
それを良く思わない人間たちの罠にはめられ裁判にかかることに…。


笑顔を引き出す嘘か。
涙を流させる真実か。

ファンタジーであるサンタクロースと
現実的な裁判という対比的な組み合わせに意外性があり面白い!

クロスを始めキャラクターが魅力的。

知識が豊富でどの国の言葉にも精通しているクロス。
子どもたちとの関わり方はもちろん、親御さんへの対応も完璧で
まさに理想的なサンタ。

対して、今回鍵となる女の子も、
サンタクロースの存在を信じたいのに信じられず大人びているクセのある子。
母親の影響が伺えて説得力がありました。

魅力を最大限に引き出すことが大事なのですね。
そのためにテーマとストーリーってあるのかもしれません。
そんなお話でした。

おそらく漫画でもこういった作品が賞を掻っ攫うのだろうなと感じます。

終わり方が予定調和で物足りなさも感じましたが、
まとまりのある構成でキャラクターの魅力がよく表現されている映画。
作品作りのお手本にしたいです。是非ともオリジナルを借りて見比べたいと思います。

同じ漫画家志望の方にオススメしたい、見ておくと学ぶことの多い作品でした。


『チャイナタウン』

ジャック・ニコルソン主演のハードボイルド映画。
以前記事にしたヒーロー悪役ランキングに載っていた作品でもあります。
ニコルソン大好きなので思わず手にとってしまいました。

浮気調査を依頼された元警察官現私立探偵のジェイク。
だが、その調査をきっかけにとんでもない事件が明らかになっていく…という話。


ちなみに、チャイナタウンとは主人公が警官時代に身を置いていた場所の名です。

DVD特典であるインタビューによると、
彼を想定し口調などをイメージして制作されたとこのこと。

そのためニコルソンの魅力が満載。

ストーリーはというと大人向け。
悪役にリアリティがあって面白かったです。

悪魔のようなことを裏でしているのに、
外面がよく、自分が不利にならないようしっかりと根回しをする
組織の上層部とかにいそうなタイプの悪役。


エンディングの感じ方も人それぞれでしょうが、
私はこうオチをつけるのが良いのだろうなと素直に思えました。

ミテクレだけ良い大人向けを銘打っている作品よりも、
この映画の終わり方のほうが好感もてます。

どんなだ?と思われた方は是非とも見てください。

やはりポイントは悪役なのかなーと思わされた作品。

大人向けの作品を見たいときにピッタリです。



ちなみに、

これから観る予定なのは
『ミッション:インポッシブル』
録画したので明日見ます。

それとレンタルしたものの時間の都合上見ることが出来なかった作品。

『バリー・リンドン』
『さらば友よ』


「バリー・リンドン」は1時間ほどしか見れず、
「さらば友よ」はもってのほか…。
心ならずも返却予定日に返してきました。

今月15本の予定が13本しか見られていません!

ただでさえ忙しない12月にこれだけ見ようとするのが間違いですが、
時間の使い方も下手すぎて目標まで届かず…。
悔しいので今日明日で意地でも残り2本何かしらの作品を見ます。

年末年始は5日ほど休みなので12月に観た映画を参考に
漫画も本格的に描き進めます

思いのほか長い記事となってしまいましたが、
ここまで目を通していただきありがとうございました


おそらく3作目がプロを目指すラストになると思うので、
力を入れて描きます。がんばります。

スポンサーサイト

映画感想 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

ファーファ

Author:ファーファ
20代少年漫画家志望。

制作日記や持ち込みレポ
映画感想など綴ってます。
バドミントン好き。

ブログ内のすべての
記事・イラストの無断転載や
転写はご遠慮ください。

1作目 落選
2作目 持ち込み惨敗 賞出さず
3作目 製作中 ←いまここ
4作目 ?
5作目 ?

参加ランキング↓↓

ランキングに参加しています。
一押ししていただけると
大変励みになります^^
更新率も上がるかも…

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家志望へ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

pixiv

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。